Litha (リーザ)夏至のセレモニー

こんにちは。
日本各地で梅雨入りが発表され、雨降りが続いている今日この頃ですが、
まもなく、6月21日には夏至を迎えます。
夏至とは、日の出から日の入りまでが最も長い日。
太陽が高くなり、エネルギーが強くなります。



ケルト歴で言うとLitha(リーザ)
ケルト人は、この日をLitha(リーザ)と呼び、
季節の変化を祝い、地球と調和し、自分を癒し、精神性を高めていました。

日本においては、目立った行事がないため、あまり馴染みがないかもしれませんが、
実は共通する考え方(言い伝え)もあるのです。

日々の忙しさに追われる私たちは、
巡る季節を味わうことが少ないかもしれません。
でも、自然は確実に巡り移っていて、私たちの心と体にも大きく影響しています。

冬は内にこもり
春には心身ともに(芽が出るように)伸びやかに
夏には、元気いっぱいエネルギーに満ち溢れ開放的になりますよね。


もうすぐ太陽のエネルギーが一番高まる夏至がやってきます。
この日は、地球からのエネルギーをいただくだけでなく
私たちが地球(宇宙)と共に生きていることを確認し、自分に立ち返る日でもあります。

私は何がしたいのか?
私はどんなことに情熱を注げるのか?どうしていきたいのか?

あなたの魂に聞いてみてください。

あなたは、何を望んでいますか?

一緒にLitha(リーザ)夏至のセレモニーをして過ごしませんか?



【日時】6月21日(火)10:00〜(4名)/ 13:00〜(4名)

【内容】① Litha(リーザ)・夏至の過ごし方
    ② 私を見つめよう
      太陽のエネルギーが高まると同時に私たち自身の力も高まります。
  私は本当は何がしたいのか?魂の声に耳を傾けてみましょう。
    ③ 6月の飲み物:エルダーフワラーのコーディアル作り。

【参加費】特別モニター価格 500円
     *資料、レッスン料、飲み物代込み


<お知らせ>
Hildegard Familie認定、薬草魔女レッスンでは、
月ごと(12ヶ月)の薬草の物語とヨーロッパのセレモニー(季節の行事)、
聖ヒルデガルトの自然療法を学びます。

毎月、レッスンを行います。
所定のレッスン(12ヶ月の理論と実習)を修了したうえで
ご希望の方は、薬草魔女の試験を受けることができます。

関連記事

  1. 「もりの薬箱」レッスンのご案内

  2. ようこそoluoluの世界へ

アーカイブ
PAGE TOP