メディカルハーブとは

「薬草」「香草」と邦訳され、人々の生活に役立つ植物の総称をハーブと言います。
そのハーブに含まれる有効成分・作用に着目し、
健康維持や美容に役立てる分野ことをメディカルハーブと言います。

メディカルハーブの魅力

植物が持つ天然の化学物質には、
「薬理作用」といってお薬のような働きをするものがたくさん含まれています。
鎮痛、強壮、抗菌、抗ウイルスなどカラダに働きかけるもの。
鎮静、抗うつ、リラックス作用などのココロに働きかけるもの。
その作用は、60種類以上にもおよびます。
1つのハーブが様々な作用を持つのも魅力のひとつです。
健康な時の人は、ココロもカラダも一定のバランスが取れた状態。そのバランスが崩れた時、
人は不調を感じます。
人には、その崩れたバランスを元に戻そうとする力=自然治癒力が備わっています。
メディカルハーブは、自然治癒力の働きを助け、穏やかに確実にココロとカラダに働きかけてくれます。
“なんとなく調子が悪い” 等の倦怠状態に、自然の力で副作用なく生命力を増す、
薬のいらない健康法です。

ハーブティーの効果

ハーブティーは、ハーブの有効成分をお湯または水で抽出し、
体内に取り入れる方法です。
色や味、香りを楽しみながら、自然の力を体内に吸収します。
飲むことによる薬理効果に加え、香りを楽しむことで
穏やかなアロマセラピー効果も得ることができます。

メディカルハーブのハーブティーの効果

ハーブティーを楽しむ
~ 色を楽しむ ~
赤、青、黄、紫など、ハーブには植物由来の色素があります。
赤 - 紫 【アントシアニン】
植物界に多く存在する天然色素で、青から紫、赤など幅広い色調を持ちます。
抗酸化作用や視覚機能改善作用などがあります。
緑 【クロロフィル】
植物の緑色を構成する成分!
抗酸化、解毒、殺菌、消臭作用があります。
赤 - 橙 - 黄 【カロテノイド】
抗酸化作用、抗がん作用、目の機能強化作用などがあります。
黄 【フラボノイド】
抗酸化作用、血管強化、抗アレルギー作用、発汗作用などがあります。
~ 香りを楽しむ ~
植物が放つ香り。
お湯を注いだ時に立ち上る香りを鼻から吸収することで、穏やかなアロマセラピー効果が得られます。
心が穏やかになる香り、リラックスする香り、シャキッと爽やかな香り、
眠気を誘う香りなど、様々な香りをお楽しみください。
~ 味を楽しむ ~
酸味、甘味、苦味、清涼感など、様々な味をお楽しみ下さい。
シングルでは、飲みにくいハーブもブレンドすることで、味わい豊かにとても飲みやすくすることができます。
お気に入りのハーブが見つかると、どんなハーブも自分好みに仕上げることができます。
~ 上手ないれ方 ~

ホットティー(温浸剤)
お湯の温度は高め(95℃位)がハーブの有効成分を十分に抽出できます。
蓋をして、3分~5分蒸らします。
長く抽出しすぎると、苦味や渋みが強くなります。
リーフをお湯の中で十分に泳がせてあげるのが美味しくいれるコツ!
アイスティー(冷浸剤/水出し)
フィルター付きのボトルにリーフ(茶葉)を入れ、常温の水を注ぎます。
常温で4~6時間、じっくりと時間をかけて抽出します。
※水出しは、高温で抽出するタンニンなどの渋味成分が出にくいため、口当たりが柔らかくまろやかになります。
リーフ(茶葉)タイプ
ティーカップ1杯分(120~150ml)に対し、ティースプーン山盛り1杯(1.5~2g)が目安です。
ティーポット(180~200ml)は、ティースプーン山盛り2杯(3~4g)でお試しください。
お好みでリーフの量を調整します。
ティーバッグタイプ
1包(約2g)に対し、熱湯を120~150ml注ぎます。
蓋をして、3~5分抽出し、ティーバッグをカップから取り出してお召し上がりください。
>>ハーブの保存方法
ハーブは、空気に触れることで酸化します。密閉容器に入れ、冷暗所で保存してください。
紫外線や高温、多湿によりハーブは劣化します。
梅雨の時期や暑い夏は、冷蔵庫での保存をオススメします。
開封後は、できるだけ早く使用しましょう。

ハーブティーを楽しむ

ハーブの活用法

ハーブティー以外にも様々な活用法があります。
植物の力を生活に取り入れ“もっと元気に” “もっと心地よい” 時間を
お過ごしいただけますよう願っています。

ハーブ利用法
ハーブティー
①温浸剤…ティーポットにハーブを入れ、熱湯を注いで有効成分を抽出します。
②冷浸剤…常温の水で長時間かけて有効成分を抽出します。

●有効成分が体内に吸収されやすいのが大きな特徴です。
●ハーブティーから立ち上る香りには、アロマテラピー効果も期待できます。

蒸気吸引
ハーブを洗面器等に入れ熱湯を注ぎ、湯気を鼻と口から大きく吸い込みます。

●鼻や喉の粘膜に直接作用させることができます。
●揮発性の香りの成分が脳に作用して、内部からカラダの調子を整える効果が期待できます。

芳香浴
ボウル等にハーブを入れ熱湯を注ぎ、湯気を立たせ香りを楽しみます。

●揮発性のハーブの芳香成分が嗅覚から脳に働きかけることによる自律神経調整作用が期待できます。
●抗菌作用を持つハーブで室内の除菌や乾燥を防ぐ効果も。

チンキ
ハーブの有効成分をアルコールで抽出します。

●水溶性と脂溶性、両方の成分を取り出すことができます。
●体内への吸収が早い、長期間保存が可能です。

軟膏
浸出油と蜜蝋を混ぜて皮膚に塗りつけます。

●有効成分を長時間、患部につけておくことができます。

ハーバルバス
①布の袋やティーバッグにハーブを入れ、直接浴槽のお湯に入れます。
②温浸剤を作って、お湯に混ぜます。

●保湿や美肌といったスキンケア効果・温熱効果が期待できます。
●自然に湯気を吸い込むので蒸気吸収効果も◎

フェイシャルスチーム
ハーブを洗面器等に入れ熱湯を注ぎ、蒸気を逃さないようにタオルをかぶり、顔を伏せて湯気を10分間顔全体に当てます。

● 揮発成分と蒸気の効果を利用し、皮膚に潤いを与え、引き締める効果があります。

湿布
①温湿布…沸騰したお湯にハーブを入れ抽出した浸剤が冷めないうちに布を浸して患部に当てます。
②冷湿布…温浸剤を冷やして患部に当てます。

●筋肉痛や肩こり、血液の循環を良くしたい症状に効果的です。(温湿布)
●アイパックや日焼けのケアに適しています。(冷湿布)

浸出油
植物油を使って脂溶性有効成分を抽出します。

●主に外用で利用し、スキンケアや軽度のやけど等のケアに有効です。
●マッサージ用オイルとして利用します。

パウダー
ハーブをフードミルや乳鉢などで粉末にして利用します。

●すべての有効成分を利用できるのが利点です。